58『節分も過ぎ、2月4日は立春。』

節分も過ぎ、2月4日は立春。

春は目の前です。
春を楽しむ為にも、冬を
しっかり感じきることで、
春の暖かさや、実りに感謝できるのではと思っています。

私はお正月はタイのバンコクに滞在しておりました。

タイは伝統的なカルチャーが一般に根強く残っています。
代表的な都市としての近代的な部分と混雑している印象です。

ある日、食事をして
あるバーに入りました。
ヨーロピアンな雰囲気。

トイレに入ると、なんだか
どこからかオペラアリアが聴こえてきて…。

しかし、なんか音程がフラット気味だし、同じところを何回も歌っているし??

トイレを出て、お店の女の子に
『なんか歌ってる人がいるの?』と聞いたら、
『います。今から下のレストランで歌う歌手です』
『えーっ!音程が悪いよー!。あ、私日本でヴォイスコーチしてるの。』と言ってその場を去りました。

テーブルに戻るとさっきのお店の女の子が、ドレスを着た若い女性を連れて、私のテーブルへ。

『さっきトイレで歌を練習してた子です。歌を教えてあげて頂けませんか?』

『えーーーマジ!ここでかよ』

彼女はプッチーニのオペラアリアを歌っていました。

その歌っていた女性は
『高い部分が上手く出せません。音程が悪くなってしまう』

と私に訴えます(笑)

私、あなたの先生じゃないけどねーとか思いながらも
ほっとけなくて。。。

『んじゃ、歌ってみて』

レッスンスタート(笑)

彼女は顎や舌にもの凄い力が入っていて、身体の支えが足りない為、音程が下がってる。
それに、イタリア語の発音の母音の音色のチョイスが
顎や舌に力が入り過ぎていて自由にできない。

持ち声の美しさは素晴らしいのです。

身体も筋肉はとてもあるのに使うタイミングが音楽とズレていて高音にのれない。

ほんとにあと、5分で本番の人に勢いでレッスン!

本番を観てほしい!と
言われ、予約もなく彼女の歌うレストランへ。

バンコクで一番人気のイタリアンリストランテ。

満席!

椿姫。ラ.ワリー。
プッチーニのオンパレード!

んー!さっきより、声の響きは軽くなり、高音も楽そうだーーー。

よかっだーー!ほっ
(*^_^*)

ん??なんで私、名前も知らない異国の歌い手に真剣になってんだーー(笑)

バーで飲み直しっ!

しばらくすると、さっきの
ソプラノの歌手が、興奮して
『音程がぴたっとはまりました!ありがとうございます!これからもレッスンお願いします!どこに行けばレッスン受けられますか?』

『んー日本。』
『えっ?』

そんな会話。またバンコクでの再会を約束し別れました。

バンコクの音楽大学の学生で、テノールとバリトンの
彼女の友人も紹介されました。

こんなタイミングで自分のスキルが活かせるとはねー(笑)

やはり音楽は世界を繋ぐ!

そして、ヴォイスコーチの仕事がこんな風に人と人を繋ぐ事が出来るのかと
実感しました。

私はレッスンを受けるのが大好き過ぎて、ヴォイスコーチになったのかもしれません(笑)

いや、本当に学ぶことが好きなんだよなー

だから学ぶことって楽しいんだよーって伝えたい。

レッスンを重ねていく中で
気付く事が楽しく、苦しく(笑)

学ぶからこそ、人生は豊かになるし、その豊かさは
拡がるんだなぁ〜って。

とうとう世界に拡がったー(笑)(^◇^)!

新年早々、面白く、深く、
楽しい体験をしました。

この貴重な体験に感謝しています。

相変わらずレッスン大好きな私は、今日もレッスンに行ったとさ♪(^-^)/

2015-02-04 | Posted in Essence of SetsukoComments Closed 

関連記事